「リンパとは」をわかりやすく 解説

query_builder 2021/04/04
ブログ
リンパイラスト

「リンパとは?」をわかりやすく、解説…してみます!

そもそも「リンパって何やねん??」の謎が少しでも解けると思います!


今日は雨ですね

この雨で気温が下がるそうですので体調管理に気を付けましょう!

京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロン

Gerrads Cross(ジェラーズクロス)セラピストのフルサトです♪


春はむくみやすい!と前回の記事で「アロマリンパトリートメント」をおすすめしました☆彡

前回の記事「アロマリンパトリートメント」おすすめ理由はこちら



そこで、今回はそもそも「リンパ」って何?

リンパとは?をわかりやすく解説します(._.)むくみとの関係も「なるほど!」な説明を目指します!

…と書きつつリンパも奥深いのでわかりやすくなかったら申し訳ございません(^^;画像もご参考に

京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロンGerrads Crossの解剖生理学の時間始まります(^_-)-☆

※高橋結子著リンパの解剖生理学参考


まず、リンパとは

リンパ液・リンパ管・リンパ節をまとめて、もしくは其々の事を指す時に使われている用語と解釈しています

リンパは皮膚の浅い所から始まり

腋窩リンパ節(脇のした)などの体の深い所、頭からつま先まで張り巡らされています!

なので、全身どこでも「むくみ」が起きます(^^;


「リンパ系」の役割

体内で発生した老廃物など「不要物を回収」「免疫」です

「免疫」の役割としてリンパ液には病原体と戦ってくれるリンパ球があります

「不要物を回収」としてリンパ管が老廃物・毒素・余剰な水分・脂肪などを集め

リンパ節で無毒化(浄化)、静脈血と合流して肝臓→腎臓→尿で排出して「デトックス」解毒が完了!


リンパの流れは「一方向」

血液は心臓から全身を巡って心臓へ還る「循環」をしていますが

リンパは皮膚表面からスタートし左右の鎖骨の静脈(静脈角)と合流するのがゴール

血液の様に勝手に循環してくれません。リンパ管には心臓の様な押し出すポンプがないので、血管の拍動や筋肉の動きを借りて流れています

リンパの流れに沿って手(マッサージ・トリートメント)で流す事で、リンパの流れをスムーズにする手助けをしてあげれます♪


むくみ」は何処でおきている?

皮膚の浅い所(皮下組織)、毛細リンパが沢山集まっている所です

皮下組織に水が溜まっている状態が「むくみ」です

…リンパとむくみの関係は

この余分な水分を回収してくれるのがリンパ管や毛細血管

回収の役割を果たしてくれいないと皮下組織に水分が溜まって「むくみ」になるという事です(^^;


溜まった水分(むくみ)を放置しておくと老廃物などが増え脂肪や線維と絡まって「セルライト」ができ

更に放置しておくとセルライトが大きくなって血流、リンパの流れを圧迫してしまいますΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


セルライトが大きくなるとセルライトの凸凹が皮膚にも出てきます(;_;

「むくみ」を放置するのは恐ろしいですね!


リンパとは何か?が何となく伝わりましたでしょうか??


春に「アロマリンパトリートメント」がおすすめな理由

リンパとは?が分かればリンパの流れを良くして

「むくみを流そう!強いてはセルライト阻止!免疫アップ!」に繋がるかと思います☆彡

薄着になる季節、セルライトのボコボコが見えるのは避けたいですよね(^^;

アロマの力もかりてトリートメント手技で自律神経も乱れやすい春、乗り切りましょう!

NEW

  • 京都 リフレクソロジー【花粉対策はお早く!】

    query_builder 2022/01/26
  • 京都 リフレ【血流促進とデトックス】

    query_builder 2022/01/25
  • 京都 リフレ【痛い強刺激はNG⁉】

    query_builder 2022/01/23
  • 京都・東寺のアロマセラピーの教室【滴数の計算】

    query_builder 2022/01/21
  • 京都でアロマの手作りに【ベンゾイン】精油

    query_builder 2022/01/18

CATEGORY

ARCHIVE