アルコール消毒「手荒れ」しやすさの差は?

query_builder 2021/04/26
ブログ
成分表

アルコール消毒での手荒れ

新型コロナ対策により新生活習慣により急増している症状

京都のリフレ・アロマサロンから

「手荒れ」しにくいアルコール消毒の見分け方をお伝え(^_-)-☆


全国で新型コロナウイルスによる死者が1万人を超えました

ご冥福をお祈りしまた感染された方々の回復をお祈り申し上げます(._.)

京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロン

Gerrads Cross(ジェラーズクロス)セラピストのフルサトです


京都でも感染者数が過去最高となった日があり…気が抜けない状態ですね(>_<)


約1年前からの新習慣

どこかお店などに出入りする際の「手指のアルコール消毒」

あとは丁寧な手洗い、手洗いの回数の増加

ちなみに甥っ子は保育所で手洗いと消毒の徹底指導がされており、私たちの手洗いの時間が短いと「早っ!ちゃんと洗った??」と注意がはいります(^^;


そして

手荒れも増加!


「このアルコール消毒は荒れにくい!?」

と、アルコール消毒の目利きが出来る人も増加!?



何だか刺激が強いアルコール消毒だなー…と思う事ありますよね?

逆に

何だかしっとりして手荒れしにくいなー…もありますよね?


この手荒れのしにくさの違いって何??



それは!気付いていらっしゃると思いますが


消毒液に含まれるエタノール(アルコール)の割合

保湿成分が入っているかどうか

です!

あとは植物由来のアルコールの方がお肌に優しい様に感じます

きっと、アルコール含有量が少し低くく保湿成分も配合されている物が多いからでしょう♪



WHOによると

エタノール濃度60~80%v/v%の範囲であれば

十分様々な菌・ウイルスに対して殺菌効果が期待できるそうです


アルコール消毒液の容器には画像の様にほぼエタノール含有量が記されています!

成分表を見ると保湿成分が入っているか否かも確認できます(^^)

グリセリンヒアルロン酸植物油が配合されいます♪


誰もがアルコール消毒による手荒れは極力避けたい!です

購入される際は「エタノール含有量」「成分表示」を確認して下さい(^_-)-☆


もう一工夫して…

エタノール濃度を低くしても精油の殺菌作用をプラスする

エタノール濃度が高いものにグリセリンなどで保湿力を高める

自分専用で手指アルコール消毒をアロマクラフトで作るのもおすすめです(^_-)-☆


あとは「手荒れのケア」も同時にすること☆彡

大切な手肌を大事にケアして守りましょう♪


まだまだ新型コロナウイルスとの闘いの日々が続きます

消毒による手荒れやマスクによる不快が少しでも和らぐ工夫をしていきましょう!



当サロン京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロンGerrads Crossでは

「アロマクラフト教室」で手荒れを癒すハンドクリーム作りなども行っております☆彡

また、

アロマセラピーなどの知恵が詰まったこのブログもお役立て下さい(._.)

NEW

  • リフレクソロジー【足の角質】で分かる歩き癖

    query_builder 2021/06/19
  • アロマ×心【感情をときほぐす】香りと手の癒し

    query_builder 2021/06/18
  • 【京都 手作りアロマ】夏用アロマヘアオイル

    query_builder 2021/06/16
  • 京都のリフレクソロジーサロンで「冷房冷え」しない足に!

    query_builder 2021/06/15
  • 【足 蒸れ】対策にフットパウダー!暑さ対策③

    query_builder 2021/06/12

CATEGORY

ARCHIVE