反射区とつぼの違いについて

query_builder 2023/06/03
コラム
48

反射区は、体の各器官や各部位につながっていて末梢神経が集中している箇所のことです。
ピンポイントで刺激することで、体の不調改善が期待できますが「つぼ」との違いとは何なのでしょうか?
今回は、反射区とつぼの違いについてご紹介します。

▼反射区とつぼの違い
反射区は面としてとらえ、つぼは点として考えられます。
反射区は体に存在する一つひとつの期間を刺激することで、体全身の改善を図るというアプローチ方法です。
直接胃に触れていなくても、遠隔的に刺激を与えることでアプローチできるのです。

対して、つぼは全身の流れを整えることで各器官を改善するといった方法で利用されます。
東洋医学では体の中に川の流れのような12本の経路が張り巡らされていると考えられています。
その経路上に存在する経穴と呼ばれる点がつぼです。

▼反射区を刺激するとどうなる?
反射区を刺激すると、不快な症状から解放させることができます。
関連のある器官と生理機能が刺激を受けることで、血液循環が改善し不調の改善が期待できるのです。

■左右の足で効果に違いがある
左足には心臓の反射区があり、その機能を高めることが期待できます。
右足には肝臓や鼻などの各器官の反射区があります。

■痛みがある部分(器官)は弱まっている
反射角を押して痛みがあった場合、押した部分の反射区が弱まっている可能性があります。
しこりがあればそこに乳酸や尿酸が結晶化した老廃物が溜まっていることが考えられます。

▼まとめ
反射区とつぼの違いについてご紹介しました。
反射区が面なのに対して、つぼは点です。
それぞれ使い分けることによって、得られる効果が異なりますので、ニーズに合わせて使い分けてみてくださいね。

当サロンでは、お客様の悩みを改善に導くサポートを提供しております。
足裏・足つぼを刺激するリフレクソロジーでは、冷え性や便秘・リラックス効果が期待できます。
ぜひご利用ください。



NEW

  • 京都でリフレ・アロマセラピー【英国ITECの国際資格】取得を!

    query_builder 2024/04/22
  • 京都の【リフレとアロマ】サロンより先月の御礼と今後

    query_builder 2024/04/04
  • 京都 アロマセラピーで花粉症を和らげる

    query_builder 2024/03/20
  • リフレクソロジーを京都で【花粉症には腸の機能アップ!】

    query_builder 2024/03/03
  • 京都 リフレクソロジーで対策【花粉症】

    query_builder 2024/02/21

CATEGORY

ARCHIVE