京都のアロマサロンのアロマクラフトで使用する容器

query_builder 2021/03/24
ブログ
遮光容器

前回に引き続きアロマクラフト関係の記事ですがお付き合い下さい♪

京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロン

GerradsCross(ジェラーズクロス)セラピストのフルサトです♪


前回に精油がプラスチックを溶かしてしまう事についてを中心にお伝えしました

前回の記事はこちら


実際に溶けた例の画像も上げていますが

溶けた原因となった精油は「マンダリン」です!

柑橘系に含まれる”リモネン”という成分がプラスチック(PS素材)を溶かします!


ブログを読んで下さっている方は

「マンダリンは子供でも安全な精油じゃないの?」と疑問を持たれるかと思います(^^;

子供でも安全な精油の記事はこちら

お子様と一緒にアロマクラフトを作成する時は穏やかな作用の精油

作成したアロマクラフトをお子様が使用されるとなると尚のことマンダリンを準備します!



と、同時にアロマクラフトで使用する保存容器はほぼ遮光ビンを用意します☆彡


遮光ビンもしくはガラス製品を使う理由は

精油の原液が直接容器に付いても溶けない様に

洗って消毒すれば繰り返し使える「エコ」の意識を持ってくれれば良いなぁという想い

光で精油等の成分が変化を起こさないためです(^^)



アロマクラフトではアロマセラピーや精油の知識が得られるのはもちろんですが

手作りでクラフトをする事で…


容器は繰り返し使えるという気付きで「エコ」活動が少しできる!

材料が全て把握できるので市販されている化粧品の成分の多さに気付く!

成分のほとんどがお肌の為ではなく品質保持や見た目をよくするものである。そして特に”ただの水”が沢山入っているのに「腐らない、劣化しない」不自然さに気付く!

アロマを使用する事で作成中も癒される♪



京都の英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロンGerradsCrossのアロマクラフト教室では

作成するアロマグッツの作り方は簡単で短時間でも

「安心・安全・楽しく」アロマセラピー、精油を活用して頂きたい想いから

注意点の説明なし、精油も選べず「さっさと作ってサヨウナラ」は致しません!

作成している間にアロマセラピーの効果もあって緊張が解けくるとお喋りの時間が楽しくなることもありそれがストレス解消になります(^_-)-☆

お喋りタイムも楽しんで下さい♪


アロマクラフトの容器の話から脱線してしまいましたが

サロン=「談話(お喋り)で交流が出来る場所」も意味も含めた

英国式リフレクソロジー・アロマセラピーサロンの存在になれればと思っています(._.)♪

NEW

  • リフレクソロジー【足の角質】で分かる歩き癖

    query_builder 2021/06/19
  • アロマ×心【感情をときほぐす】香りと手の癒し

    query_builder 2021/06/18
  • 【京都 手作りアロマ】夏用アロマヘアオイル

    query_builder 2021/06/16
  • 京都のリフレクソロジーサロンで「冷房冷え」しない足に!

    query_builder 2021/06/15
  • 【足 蒸れ】対策にフットパウダー!暑さ対策③

    query_builder 2021/06/12

CATEGORY

ARCHIVE